12月19日
獣医さんに再診
ふたたび採血

あわせて攻核抗体検査
(免疫介在性溶血性貧血の可能性を判断する検査)

前回32.9%だったHCT(ヘマトグリット値)が29.3%に

貧血が気になるとのことで
ステロイドの薬を処方してもらう。
この薬によって免疫力が下がるため
一緒に抗生物質の薬ももらう。 

12月23日
受診

この日ももちろん採血

前回29.3%だったHCTは20.3%に
だんだん減っている

獣医さんの判断で
前立腺癌ではなく免疫介在性溶血性貧血の疑いとなり、
*免疫介在性溶血生貧血....なんらかの理由で免疫システムが
自分の赤血球を攻撃して破壊していってしまう病気。

ここより入院。
強めのステロイド剤の点滴開始。


あっという間に
入院が決まり
状況判断ができないわたしと息子。

見た目はちょっと元気が無さそうなくらいで
いつも通りのクロだから
余計納得できない。


クロをそのまま病院に残し
私一人帰宅。
クロ9
.....
静まり返った我が家。
閉じたままのわたしの口。

毎日、クロにどれだけ話しかけていたか
痛感する。
(他に話し相手が居ないともいう)

年末は職業柄、繁忙期なので
助かった。

病院からの連絡がすぐ取れるように
携帯を脇に置き、

1月2日までに仕上げなければならない
仕事をただ黙々と進めた。
クロ10
IMG_4456

静か過ぎて
自分の慌てふためいて
ドキドキする鼓動が
耳の中に響いていた。



クロちゃん頑張ってます。
同じように頑張ってる皆さん
応援しています。 






*本著の無断複写は著作憲法上で禁じられております。