入院中に
描いた落書きで
体験記を綴っていきます。

誤字脱字あり
見辛いですが
お許しください。

*病気の話
苦手、怖ぁ〜い!
なんて方、怖い内容書いてないので
安心して覗いてくださいね。

それでもこういう話が
苦手な方はスルーしてください。


では、
あつを2019夏
入院記 5話 はじまります。





IMG_3550
手術の翌日は流石に絵日記かけませんでした。
で、手術の二日後に書いた絵が
↑こちら(笑)
 身体中に色々な管が繋がっていて
下手に寝返りをうったら
点滴のスピードが変わっちゃったり
ナースコールを鳴らしちゃったり。
「看護師さん、いそがしいのに
本当すみません。」 

私のお世話になった病院では
手術直後の一晩はナースセンター側の
個室に入る事になっていた。
(何かあった時処置しやすいように)

一晩個室で過ごした翌日。
4人部屋で「痛い痛い!」と言って
迷惑をかけたくないので
(あと、カーテン越しに色々聞きたくない)
続けて個室を頼んだが
あいにく個室は満室。

二人部屋が空いていたので
二人部屋で1日過ごす事にした。

はじめは誰もいない
二人部屋だったが
夕方に手術を終えた
20代くらい女の子が入ってきた。

ドクターの説明が
カーテン越しに聞こえて来る。
ー.... 聞きたくないなぁー

泣きそうなお母さんの声。(たぶん私と同年代)
お母さん「先生、...あの、
なんていうか
なんとかなりそうですか?」

ドクター「今日の手術で悪い所は
全て取りきりましたが
なんとも言えません。」

お母さん「病名は何になるのですか?」

ドクター「上皮内ガンです。
部分だけ除去して
子宮は温存しておきました。
50.60なら全部すっきり取っちゃうんですけどね。。。
年齢が年齢なだけに転移の可能性は大いにあります。
生検の結果が出るまではっきりしたことは言えません。」

娘「まぁ、仕方ないじゃん。
大丈夫、大丈夫!(笑)」
ーお母さんが落ち込みすぎてるから
娘さん当人が頑張って励ましてるー

ーカーテン越しのわたしー
「......。」 

いろんなガンがあるんだな。

(ドクター、本人の前ではっきり言うんだな。

昔、うちのおばあちゃんがガンだってわかった時は
家族みんなで必死で隠し通したっけな。)

自分の息子と同じ年くらいの女の子の病気。

わたしだったら
「命が一番だから子宮
全て取ってもらっちゃいなさい。 」
って言っちゃいそうだな。

IMG_3551

そんな時
隣の病室から
フニャフニャの生まれたての赤ちゃんの
鳴き声が聞こえてきた。

ドクターと見つめ合う家族。
響く赤ちゃんの可愛い声。

....そうか
産みたいか。
産めるなら産みたいか。。。

転移しないといいな。

その後も
娘さんは冗談なんか言って
家族を笑わせようとしていた。


IMG_3552

で、
わたしはといえば

背中の痛み止めの点滴の針も抜け、
排尿用の管も抜け、
腕の点滴の針も抜けて
管なしの体に!
「自由だ〜っ!」
思ったのも束の間。

脊髄から入っていた痛み止めが切れて
本当の痛みがやってきた。



IMG_3553

 
IMG_3554
痛みで(?)空想の字も書けないw

IMG_3563

どの姿勢で横になっても痛いものは痛い。

背中を少し丸めて
横になってこらえていたが
長い間同じ姿勢だったので
よっこら.....しょっと
逆向きに必死で寝返ると

カーテンをチロッとめくって
今回執刀担当のドクターが現れた。 


確認1
手術後はじめて
ドクターとのちゃんとした会話。

とにかく聞きたかった
子宮の裏にできていた腫瘍はどんな大きさで
どんな風に除去したのかと!

ドキドキドキドキ.......


あつを「....先生、どんな腫瘍でした?」
 
確認2
ドクター「それが....無くなってました。」

あつを「は?」

ちょうどMRIや生検をした時には
存在していた塊が 
手術の時には無くなってたんですって。
(検査の時は偶然あった血の塊か何か)

.....そういうこともあるのか....


状況としては
子宮の中にも外にも
筋腫が沢山あって
(いつも検査で10センチ以上が3個あると言われてました) 
別の臓器に癒着しかけてた そうで。。。

とにかく毎日とめどなく
生理二日目 くらいの出血で
貧血しまくり。
排尿に10分以上かかったりしていた
切ない毎日とは
これでお別れできたってことで。 

結局6月末から
ずーーーっと癌だ癌だと言われて
ドキドキハラハラ

子宮裏の腫瘍は無くなってました。
(お騒がせしました)

自分の腫瘍が消えていた安堵より
20代の女の子の
これからの闘病を思って
心がずっしり重くなった1日でした。


母1655