ねりきりおはぎさくらもち

イラストレーターしてます。仏像や庭園を愛でている時、幸せ感じます。チワワの頭ちゃんはかわいい娘です。

カテゴリ:しをしを日記 > クロちゃんと頭

わたしにできることとは... ... 続きを読む
あたま5
保健所に収容された生き物の
写真とその子が
殺処分されるまでの時間が
カウントダウンされているサイトがあったり、
行き場の無くなったペットを
保護する団体が
いくつもあることを
クロちゃんを家族にするまで
知りませんでした。
あたま6

殺処分までの残り時間がそれぞれの犬や猫に
書き込まれている。

あたま7
何も知らなかったとはいえ、
息子にせがまれて
クロちゃんを気軽に
(もちろんそんなに気軽ではないですよ)
ペットショップから
家族として迎えたが
別のところにもっと
わたしが救えた命があったのかも。

今度、もしまたいつか
新しい家族を迎える気持ちができたなら
わたしが救うべき命を
迎えよう。と、
常々思っていた。
あたま8
そして
あのペットショップの
白いチワワの赤ちゃんも
どこかのおうちに迎えられて
幸せになるといいなぁ。。。 と、


なんだか
毎日クロちゃんの思い出で
涙する事に加えて
ペットショップの白いチワワちゃんの
幸せを願う 事が
日常になってきた。 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

アイ⚪️ルのCMじゃないけども。 ... 続きを読む

昨年末からのクロちゃんの闘病で
体調を崩していたので
健康のためにと無理にでも
近所をウォーキングしていた時のこと。


どこもクロちゃんとの思い出がいっぱいで
元気になるどころか
元気を吸い取られる感じだった。
あたま1
そんなクロちゃんとの
お散歩コースにある
ペットショップ。 

いつもはペットショップって
なんだか切ない気持ちになるので
覗かないのだが

その日は
何故だか覗いてしまった。
あたま2
通りに面したショーケースに
白いチワワがいた。

この子はこれから元気に暮らしていくんだな。

クロちゃんもこんな小さい頃があったなぁ。

小さい頃のクロちゃんも
こんなふうに元気だったなぁ。。。
なんて思いながら
そのチワワをぼーーっと見つめた。
あたま3
それから

なんだかその白い
小さなチワワが気になって

家でそのお店のブログを
覗いたりしていた。

白い小さい元気なチワワを
ちょっと覗くことが
いなくなったクロちゃんの
ことばかり考えている
真っ暗な気持ちの
休憩所のようになっていった。 

それから1月ほど経って
もうあの白いチワワちゃんも
お家が決まって新しい生活を迎えているだろうなぁ。
なんて思いながら
店を覗くと
(すみません、また覗きに行っちゃったんです)
あたま4
まだお店にいた。

しかも大きくなって
ケージに移されていた。

ワクチンが全て済んだのか。


お店の人に
「抱っこしますか?」と聞かれたが

「2月にクロちゃんを亡くしたばかりなので
眺めるだけで充分です。」
と言い、
クロちゃんの思い出話を
延々と店員さんに聞いてもらって帰路についた。
(迷惑な客ですみません)


ランキングに参加しております。
応援のポチッとよろしかったら
おねがいいたします。 



ーつづくー



 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック