ねりきりおはぎさくらもち

イラストレーターしてます。仏像や庭園を愛でている時、幸せ感じます。チワワの頭ちゃんはかわいい娘です。

タグ:思い込み

危ないあつをーパート2ー ... 続きを読む
息子の友達
息子が小さい頃は
よく友達が遊びに来た
息子の友達2
息子も大きくなった
中学、高校は
電車通学だったので
彼の友達が 遊びに来ることは
なくなった。
息子の友3
20歳を過ぎた息子が
久しぶりに友達を家に連れてきた
(なんだか久々で緊張するけど
緊張してないふりで出迎えた)

3月とは思えない
猛暑日、

お客様にはとりあえず
飲み物を伺おう... 
息子の友4
お友達は
「では、麦茶をいただきます。」
ハキハキと答える。
好青年だ。

キンキンに冷えた
サイダーか ミネラルウォーターが
飲みたいだろうな。
と、勝手に考えていたが
そうか、好青年は麦茶がお好みか。
息子の友5
キッチンの冷蔵庫を開くと
キンキンに冷えた
ミネラルウォーターが目に入った。
本当に美味しそうだ。
麦茶はイマイチ冷えていない。 

先ほど「麦茶」のオーダーを伺ったばかりなのに
わたしったら
キンキンに冷えた
ミネラルウォーターを お盆に乗せて....






息子の友達が帰って
何時間も経ってから
息子の友7
入浴中にふと
「あ!麦茶って言ってたのに
水出した⁉︎私⁉︎」
と思った。

風呂を出て息子に恐る恐る
「今日、友達、
麦茶って言ってたのに
お母ちゃん、水出した?」
と聞くと
息子の友6
微笑みながら
「そうだね。」
と、息子。
間違えたのに指摘もされなかったのか...。

しかも
微笑みながら
「そうだね。」って....
あぁ、、、

なんとも切ない
時間の流れを感じるわぁ。 
 

だんだん自分の母に似てきた気がします。
というか
母の方がしっかりしています。



 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック