ねりきりおはぎさくらもち

イラストレーターしてます。犬と仏像が好きです。更年期中!

タグ:涙

イイトコ見せたいのに、いつも抜けてます。 ... 続きを読む
本当に思い出深い
S先輩の葬儀。

伺いたいけど
学年が違うので知り合いもいない。

「わたしの行く場所じゃないな。」

「明日締め切りの仕事も間に合わなくなるし
じっと家で喪に服そう。」

「でも、ここで先輩に逢わないで
終わりにしたら後悔するかもな。」

いろんな考えを
何時間も何時間も
頭の中に駆け巡らせていたとき
葬儀1
ふと25年以上前の
ある日を思い出した。
葬儀2
S先輩があつをの誕生日に
プレゼントをくれるというので
近所の駅の喫茶店で待ち合わせとなった。

前の晩、夜中までかけて
イラストの仕事を仕上げ、
明日先輩と逢うのに
何を着て行こうかと
鏡と何時間も向き合っているうちに
寝落ち。

当日先輩を2時間ほど待たせてしまった。
(よく寝たなぁ。おい。)
という最悪のエピソード。
(当時は携帯なんて無かったですしね。言い訳ですけど。)
葬儀3
おもいっきり
呆れた顔で
でも許してくれた先輩。
葬儀4
やっぱり挨拶に行こう!
先輩と逢えるの
これで最後なんだもの!

思い立って
着替えて
頭にご飯あげて
コンビニ寄って
香典袋買って
駅まで走って
電車で一時間以上かかる斎場までの道のり。


こりゃ間に合わないかもな。

たぶん間に合いそうにないな。

もっと早くに家を出ればよかったな。

でも斎場まで走って向かえば
たとえ葬儀に間に合わなくても
なんとなく心が軽くなれる気がした。

走って走って
斎場に着くと
もう出棺の直前だった。

沢山のお見送りの方々を掻き分けて
斎場の方の案内で
焼香させていただけた。
(ほんとうに迷惑な飛び込み方だった。)
葬儀5
もっとイイこと先輩に言いたかったのに
「先輩、また遅れちゃいました。
すみません(涙)」
こんな挨拶しかできなかった。


たぶん先輩、
おもいっきり呆れた顔で
許してくれてるんだろうな。 
 
スクリーンショット 2018-07-29 12.19.43

なんとも
優しい先輩でした。


 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やっと、やっと逢えました。 ... 続きを読む
注射1
今日は産婦人科で月イチの注射の日。
*ミニクロちゃん*も付き添いで同行。

今回は締めくくりとなる6回目の
注射の日。
(6回打って1セットの注射なのです)

6ヶ月前
産婦人科で初めて注射をした日は
クロちゃんが消えかかっていた
本当に切ない日だった。
注射2
産婦人科の近所には
いつもクロちゃんと散歩に行った
お寺がある。
結局、クロちゃんと最後に散歩したのも
このお寺だった。

産婦人科の帰り、
天気も良いので
お寺に寄り道することにした。

お寺のお堂でミニクロちゃんを
抱いて
この6ヶ月、長かったなぁ...
なんてボーーッとお庭を眺めて座っていた。
注射3
気持ちの良い風が
わたしの頬をそよそよと撫でていく。

そんな時
突然強い風が
ピュ----っとお堂とわたしの中を
駆け抜けていった。
その風は結構な勢いで、
お堂の天蓋をシャラシャラと揺らした。
注射4
その時
注射5
クロちゃんが元気に
空を駆け抜けて行くのが
わかった。

今まで一度もクロちゃんがいなくなってから
感じることのできなかった
「クロちゃん」を確かに感じた。 

そうか
クロちゃん
お空で元気にしてるんだね。

やっとクロちゃんを感じることができたよ。

なんだかホッとして
嬉しかった。

そして
涙が止まらなくなった。

じっとこのまま
クロちゃんの余韻に浸っていたかったが
もう家に帰らなくては。

可愛い「頭」が頑張ってお留守番しているから(笑)。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

アイ⚪️ルのCMじゃないけども。 ... 続きを読む

昨年末からのクロちゃんの闘病で
体調を崩していたので
健康のためにと無理にでも
近所をウォーキングしていた時のこと。


どこもクロちゃんとの思い出がいっぱいで
元気になるどころか
元気を吸い取られる感じだった。
あたま1
そんなクロちゃんとの
お散歩コースにある
ペットショップ。 

いつもはペットショップって
なんだか切ない気持ちになるので
覗かないのだが

その日は
何故だか覗いてしまった。
あたま2
通りに面したショーケースに
白いチワワがいた。

この子はこれから元気に暮らしていくんだな。

クロちゃんもこんな小さい頃があったなぁ。

小さい頃のクロちゃんも
こんなふうに元気だったなぁ。。。
なんて思いながら
そのチワワをぼーーっと見つめた。
あたま3
それから

なんだかその白い
小さなチワワが気になって

家でそのお店のブログを
覗いたりしていた。

白い小さい元気なチワワを
ちょっと覗くことが
いなくなったクロちゃんの
ことばかり考えている
真っ暗な気持ちの
休憩所のようになっていった。 

それから1月ほど経って
もうあの白いチワワちゃんも
お家が決まって新しい生活を迎えているだろうなぁ。
なんて思いながら
店を覗くと
(すみません、また覗きに行っちゃったんです)
あたま4
まだお店にいた。

しかも大きくなって
ケージに移されていた。

ワクチンが全て済んだのか。


お店の人に
「抱っこしますか?」と聞かれたが

「2月にクロちゃんを亡くしたばかりなので
眺めるだけで充分です。」
と言い、
クロちゃんの思い出話を
延々と店員さんに聞いてもらって帰路についた。
(迷惑な客ですみません)


ランキングに参加しております。
応援のポチッとよろしかったら
おねがいいたします。 



ーつづくー



 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

悲しい記事です。苦手な方はスルーしてください。 ... 続きを読む

はじめに
「悲しいお知らせは読みたくない」
と、思われる方は
ココで
この記事をスルーしてください。














クロ79
点滴治療のため
朝いちばんでクロを預けて
夜病院が閉まる直前にお迎えの
日々も5日ほど続いて
なんとなくこのリズムに慣れてきた 

そんな2月12日
お迎えが済んで
その夜
20:00
前から気になっていた
クロの体の*カタカタとした揺れ*
 (1月からカタカタした震えが気になっていたのだが
   獣医さんには筋肉が落ちたせいだと言われていた )
激しくなっていることが気になり
再度病院に

20:30
「吐き気」かも
と言われ吐き気止めを処方してもらう。
 
21:00
帰宅

22:00
呼吸が荒い気がするので
クロを観察し続ける

23:00
吐き気止めが効いたせいか
ササミのボイルを沢山食べる。

*この日の朝から食欲が無くなっていた。
クロ80
明け方4時

呼吸の荒いクロを見ていられず
病院に電話。
診察時間外なので
留守電に現状の報告を入れる。

(ここでいきなり
行ったことのない救急病院に
クロを連れていくという判断は
できませんでした。)

結局いつもの通院時間と同じ
朝9時に病院へ。
クロを預けた
その足で
自分の子宮諸々の不調を治すため
わたしも病院へ。
クロ81

獣医さんからの連絡を
産婦人科の廊下で聞く。

「肝臓、胆嚢の数値が悪いのに
加えて
肺血栓の疑い
とのこと。

ここから
クロは3度目の入院となった。 

今までの点滴に
血栓を溶かす薬が追加となった。

また薬の追加...

とにかく

血栓が溶けてくれることを
祈るしかない。
クロ84

ごめんねクロちゃん。

おねがい頑張って 
クロちゃん。


辛い内容ですが
どこかの小さな命が救えればと
描き続けます。



 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック